【離婚したいと思った時に考えなくてはいけないこと】

離婚したいと思った時、考えなくてはならないことが、たくさんあります。

 

●離婚することができるか●

相手が離婚をしたくない場合、離婚が認められる事情があるかが問題になります。

 

●お子様のこと(親権)●

親権が決まらなければ離婚はできません。

 

●養育費のこと●

いくらが妥当かきちんと調べなくてはなりません。

 

●面会交流のこと●

「会わせたくない」では済まないことも少なくありません。

 

●財産分与のこと●

結婚後、ご夫婦お二人で作り上げた財産を半分にすることになります。

場合によりましては、借金も半分にすることになります。

 

●慰謝料のこと●

慰謝料が発生するか考える必要もあります。

 

●年金分割のこと●

分割はできるのですが、分割のための手続きが複雑です。

 

●婚姻費用のこと●

別居中で離婚が成立するまでの間の生活費を、収入が多い方が、少ない方に支払うものです。

 

これらについての取り決めをどうするかは、

離婚をした後のことを大きく左右することになります。

 

この取り決めをどうするかがまず大きな問題です。

 

そして、この取り決めは口約束では、後々問題が起きてしまう可能性が高いものです。

 

 

これらをきちんと決めるには、弁護士に相談をする、ということが大切です。

【離婚をするためのステップ】

離婚をするためには、どのような方法があるのでしょうか?

●ステップ1● ~話し合いでの解決~

話し合いでの解決方法を、弁護士は「交渉」と呼びます。

この「交渉」は弁護士が依頼者の方と入念に打合せをした後、相手と交渉をしていく方法です。

 

弁護士が窓口になりますので、話がしにくい相手と、話をする必要がなくなります。

 

話し合いがまとまれば、文書で離婚の内容の取り決めをします。

この文書も弁護士が作ります。

 

デメリットは、あくまで「話し合い」ですので、

相手の態度が頑なな場合、条件がまとまらない場合には、交渉不成立となってしまいます。

●ステップ2● ~調停での解決~

話し合いでは解決できなかった場合、

裁判所に「調停」を申し立てることになります。

 

弁護士が付いた場合には、この「調停」の申立を弁護士が行います。

 

調停は1回につき約2時間あり、調停員2人に話を聞かれることになります。

調停員によっては、「緊張してうまく話ができなかった」「話を聞いてもらえなかった」「決めつけられた」「口の上手い相手に、言い負けてしまっているような気がする」など、1人で望む(家族は一緒に入れません)と大変な場合もあるようです。

弁護士が付いた場合には、当然この調停に同席し、

基本的に弁護士が話をすることになります。

 

調停は自分でできると言われることがありますが、

「弁護士が付いていて心強かった」というお言葉を多く頂戴しております。

 

ただし、この調停も、裁判所を介した「話し合い」ですので、

こちら側も相手側も、合意できなければ、不成立になってしまいます。

●ステップ3● ~裁判での解決~

調停でも離婚の条件がまとまらなかった場合、

裁判所に「裁判」を申し立てることになります。

 

裁判となりますと、

厳格な形式を要求される訴状を作成し、証拠も提出しなくてはなりません。

これらの作成は、一般の方には難しいと言われています。

 

弁護士が付いた場合には、これらの作成を全て弁護士が行います。

 

また,「離婚をしたくない」という方が離婚訴訟を起こされてしまった場合には、きちんと反論して、離婚にならないようにしなくてはなりません。弁護士にご依頼いただいていればこの反論も弁護士が行います。

費用についてはこちらのページをご覧ください。

お問い合わせはこちら

048-501-1777
営業時間:月~金 9:00~18:00