【あなたは今どの立場に立っていますか】

不貞の問題は、どの立場に立たれているか、伺うことから始まります。

●不貞をされてしまった妻の立場●

●不貞をされてしまった夫の立場●

●不貞をしてしまった夫の立場●

●不貞をしてしまった妻の立場●

●不貞相手という立場●

例えば、配偶者に不貞をされてしまったという方の場合は、
今後、配偶者との関係をどのようになさるか、
配偶者の不貞相手にどのような請求をするか、
対象と今後の方針をお決めいただく必要があります。

一方、不貞相手という立場の方の場合、
不貞関係を持った方の配偶者から請求を受けることが多いでしょう。

どの立場にいらっしゃるかで、
今後の方針は大きく異なってきます。

こばと法律事務所では、
どの立場にいらっしゃる方につきましても、
豊富な相談・交渉・訴訟実績があります。
また、男性弁護士、女性弁護士が所属しており、
ご相談いただきやすように配慮しておりますので、
お気軽にご相談ください。

費用についてはこちらのページをご覧ください。

お問い合わせはこちら

048-501-1777
営業時間:月~金 9:00~18:00